適応障害 症状

適応障害の症状は分かりにくくて当然!?

◆適応障害とは
適応障害とは、進学や就職、結婚など新しい環境にうまく適応できないことなど、特定のストレスが原因となって、うつ状態、不安状態、攻撃的な行動などの症状が現われ、社会生活を送る上で支障が出てしまう心の病です。大体ストレスが始まってから3ヶ月以内に症状が現われるのが特徴です。

 

適応障害は、ある状況が、その人にとっては、とても耐え難く、そのために気分や行動に症状として変化が現われます。
不安や憂鬱な気分が続くことにより、過剰に心配性になったり、神経が過敏となったり、涙もろくなったり、などです。
また無断欠席、暴飲暴食、危険な車の運転、喧嘩早くなる、物を壊すなど、行動が攻撃になったりといった症状が見られることもあります。

 

適応障害は、ストレスに感じられる状況がはっきりしているため、その原因から遠ざかると、症状が見られなくなります。しかし、ストレスのある状況から脱することができない場合では、症状が慢性的となります。その場合は、カウンセリングなどを通し、そのストレスのある状況に対する適応力を付けることが大事となってきます。

 

 

◆適応障害の症状
適応障害の症状については、非常に多岐にわたります。
なぜなら、適応障害は、これこれの症状があるから、適応障害と診断される訳ではなく、特定の状況に適応できないこと自体が原因で起こる障害だからです。結果として起こった症状だけ見て判断しようとすれば、大まかな傾向はあるとしても、人それぞれの症状が違い、全く統一感のない、よく分からない障害ということになってしまいます。

 

職場での人間関係に馴染めない、家族との不和、失恋など、環境の変化によって起こります。適応障害は、単なる「怠け」や「わがまま」ではありません。
社会環境のストレス及び生まれながらの素質、性格のバランスによって、落ち込んだり、気持が高騰したりなど反応しますが、それは新しい変化に対し適応するために必要なことです。しかし、これが長期間にわたりストレスが続くと、バランスが崩れ、症状として現われるのです。

 

適応障害の主な症状には、下記のようなものがあります。
ただし、繰り返しになりますが、個人の在り様によって、現われる症状は様々です。個人によって、ストレスに感じる状況が違うことにも言えます。

 

・情緒面の症状
 不安、うつ状態、焦燥感、過敏反応などが続く
・身体面の症状
 不眠、食欲不振、動悸、倦怠感、頭痛、肩こり、腹痛などが続く
・行動面の症状
 遅刻、無断欠席、暴飲暴食、ギャンブル依存など